購入の手引き

会員の種類について

ゴルフ会員には「正会員」「平日会員」「週日会員」
また、コースによっては家族会員や地方会員など、さまざまな種類があります。

いずれも個人でのお取引と法人でのお取引の2種類があり、法人での取引については一般的に一名記名又は二名記名式となっています。法人・個人とも正会員は土日を含め、いつでも会員としてラウンドできるのに対し、平日、週日会員(クラブにより呼称が違う)は日曜・祝・祭日はプレーできません。
また土曜プレー可の平日(週日)会員とそうでないものがあり、それによって相場も違いますので注意が必要です。

入会資格・条件

入会資格・条件は、各クラブでもそれぞれ決められています。

株主会員制の会員は株主が条件であり、国籍、性別、年齢などでも条件を定めています。
住民票、戸籍謄本(抄本)をとるところは明文化の如何に関係なく国籍をチェックしていると思ってよいでしょう。年齢制限は随分と緩和され、他にJGA・KGU加盟やその他コースの在籍、ハンディキャップ証明などを条件としている例もあります。また、クラブによっては職業制限を設けているところもありますが、最近では人物本位で紹介者の人格等をチェックの対象にしているゴルフ場が増えてきています。

入会に必要な書類

入会には以下の書類が必要となります。
詳細はクラブ(会社)によって異なりますのでご注意ください。

印鑑証明、写真(2~3枚)
入会申込書
戸籍抄本または住民票
誓約書
保証人の推薦書
他クラブの在籍証明
ハンディャップが条件となるときはそれらの証明書

この他にも審査の資料とするための経歴書の提出や理事会において後日面接を行うクラブもあります。
また法人でのお取引の場合は会社登記謄本が必要となります。

お取引について

会員権のお取引価格は相場を元に売主との交渉で価格を決定いたします。

名義変更料とは会員権を第三者に売って権利人の名義が移転するとき、入会する人がクラブ側に収める入会承諾料のことです。
最近では名義変更料を安くしているコースもあり入会しやすくなっています。
業者への手数料は固定されたものではありませんが、目安として通常はおよそ9万円からで、一定の価格以上の物件の取引手数料については3%と決めているところが多いようです。